オシャレなアクアリウムと共に飲食店を作る方法

>

アクアリウムに必要な設備や物品など

水槽と魚

これが無くては始まらない、というのが、水槽と魚です。
水槽に関しては、お店の客席の位置やお店のカラー(雰囲気と、実際の色遣い双方を含めた話)、維持管理の観点から選びましょう。
もちろん大きければ大きい程見た目は目立ちますが、それ以外にも、小さめの水槽を各客席毎に設置して、みんなに楽しんでもらうというスタイルもあります。
また、選ぶ熱帯魚ですが、例えば、お店の名前やどこの国の料理を提供しているかで、その国に棲んでいる魚を選んでみたり、ちょっと珍しいお魚を選ぶのも良いですね。
ただ、深海魚を選ぶ場合もあると思いますが、人によってはあの中々にグロテスクな見た目が受け付けない、食事しに来たのに気分が悪くなる、といった可能性も考えられるので、あまり珍しさにこだわりすぎず、見た目は普通でも色合いが綺麗なタイプ(特にライトに映える色)がおすすめです。

ライトやポンプ、エサなど

先の項目での補足ですが、熱帯魚には相性があります。
傾向としては、大きい魚と小さい魚を同じ水槽に入れると、小さい魚は虐められて、酷い場合には食べられてしまいますので、あまりケンカやいじめが起きない魚の構成にするよう、販売業者などにお願いするのも良いでしょう。
さて、ライトに関しては、ここが店舗の個性を出すところと言えます。
落ち着いた店舗の雰囲気であれば、ブルーなどのホッとできる色を淡めに照らし、そのライトへの反射に合った色の魚を入れる事で、とても大人な空間を演出できるでしょう。
日々の維持管理ですが、熱帯魚はポンプでの循環が必要なので、電気代も考慮に入れましょう。
また、エサは必ずその魚に推奨されたものを与えましょう。


Share!
TOPへ戻る